生活保護とは生活保護とは

生活保護-まずは知ることから-

人生は思わぬところでさまざまな不運に見舞われることがあります。

  • 「家庭の事情で収入を得ることができない」
  • 「病気で働くことが難しく生活が苦しい」
  • 「母子家庭になってしまった」
  • 「もらえる年金が少なくて生活が困難」

どうにもならないのがお金の問題ですよね。
このように、さまざまな事情で生活が困難な方に「最低限度の生活を保証」するのが生活保護制度です。つまり「生活保護費」を支給し、あなたとあなたのご家族の生活、または人生の手助けをするという制度なのです。
生活保護で受けられる「生活保護費」を受給することによって、困窮している生活を立て直すきっかけとなり、また、ひとつの方法であり、あなたの生活の基盤となってくれるでしょう。
お金が稼げず、そのせいで生活が苦しくて悩んでいる方々に、生活保護という制度を知ってもらい、少しでも安定した生活が送れるようになってもらえたらと願っています。その思いから、生活保護に関する情報をご提供し参考にして頂ければ幸いです。

生活保護の概要

生活保護とは、国の厚生労働省の定めにおいて、生活保護の受給を希望する方が資産や働ける能力など全てを活用してもなお生活に困窮する場合に、生活の困窮の状態に応じて必要な生活保護を行い、あなたが健康で文化的な生活を送れるよう最低限度の保障をし、また将来的に自立を助長する制度であるとしています。

生活保護の目的

生活保護を利用することによって、生活保護費を受給しなければ生活が困難な方々が救われ、必要に応じて生活保護のさまざまな扶助や補助を受け、生活の基盤を取り戻しすことが可能となり、再び自立した生活に繋がることを目的としています。

ページの先頭に戻る