生活保護費が突然の減額?期末一時扶助の誤解
生活保護ガイド

生活保護費が突然の減額?期末一時扶助の誤解

皆さんは生活保護費の中に、「期末一時扶助」という項目があるのをご存知でしょうか?

この期末一時扶助は「急に減らされた」という誤解が生じやすく、その仕組みについて特筆したいと思います。

生活保護「期末一時扶助」とは?誤解されやすい理由

◆期末一時扶助とは?

あまり聞き馴染みのない「期末一時扶助」について簡単に説明しますと、年に一回、12月分の保護費に上乗せされて支給される、いわゆるお餅代というものです。

では、支給されるといくらになるのか?3つのケースを挙げてみます。

  • 1級地―1の単身世帯の方(例:60代単身)
    基準額133,490円+期末一時扶助13,890円=支給される金額147,380円

  • 1級地―1の2人世帯の方(例:40代夫婦)
    182,201円+22,650円=204,851円
    ※(上記13,890円よりの上げ幅 8,760円)

  • 1級地―1の3人世帯の方(例:30代夫婦と7歳子供1人)
    221,863円+23,340円=245,203円
    ※(上記22,650円よりの上げ幅 690円)

期末一時扶助はお正月のお飾りやお餅代を名目に支給されます。そのため、二人から三人に人数が増えても690円と上げ幅はあまりないのが特徴です。

特にお飾りなどは一家に一つで十分という考え方です。

◆なぜ誤解されるのか?

お正月を迎えるにあたり何かと嬉しい期末一時扶助ですが、これが誤解を招くには下記のような理由が挙げられます。

  • 年末に一度しか支給されない期末一時扶助のことを知らない
  • 1月の保護費に上乗せされると勘違い(本当は12月です!)

そもそも支給されることを知らない場合、単身の方を例に挙げると、1万3千円程度の金額のため、上乗せされても気付かないケースや、知っていたとしても、貰えるのは1月と勘違いされているケースが多く見られます。

両者共に、12月と1月の総支給額を比べるともちろん1月の方が低い(通常の金額に戻るから)ため、生活保護受給者から「何の連絡もなしに突然減らされた!」と市役所に苦情の電話が殺到するのです。

増える分には問い合わせはしませんが、減った分はすぐにクレームになる、シビアな金銭感覚が露呈した問題と言えます。

増えても減ってもケースワーカーに相談・確認

期末一時扶助について少しでもご理解頂けたら幸いですが、これに限らずどのような名目でも、支給額が増えたり減ったり「いつもと違うな?」と感じたらすぐにケースワーカーに聞いてみると余計な誤解を抱かずに済みます。

また、今回特筆した期末一時扶助は、つつがなく年を越すための扶助でもありますので、お餅を食べてこたつで暖まる、そんな幸せを感じられる使い道であって欲しいと思います。

【生活保護について関連記事はこちら】

生活保護「冬季加算」見直しへ|どうなる?命の最終ライン
生活保護受給者が賃貸を借りる時|気になる住宅扶助と心構え
高校就学に利用できる生活保護「生業扶助」の内容
「生活扶助」引き下げ検討、どうなる?生活保護受給者の生活
【生活保護の疑問】母子家庭の生活保護 平成29年 児童扶養手当変更